純さん、折り紙を折り始める

純さんが折った折り紙の作品紹介です。
<< 2017Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

はじめまして。

2037.06.12 Fri
 はじめまして、純さんです。
 当初“純さん、折り鶴を始める”と銘打って、折り鶴ばかりを折って紹介してきましたが、折り鶴以外の作品にも手を出したくなり、6/27に“純さん、折り紙を始める”とブログ名を変更しました。折り鶴以外の折り紙作品の紹介は、7月半ば頃からとなると思います。乞うご期待。
  6/27 純さん
スポンサーサイト

雅鶴

2017.10.15 Sun
雅鶴

作者:小宮はじめ
出典:小宮はじめ著『和の風合いを楽しむ飾り折り紙』(ブティック社)
~~~~~
 綺麗に折り上げるのに一苦労する作品の一つです。

祝い鶴

2017.10.13 Fri
祝い鶴

作者:朝日勇
出典:『おりがみ通信 No.34』(パッチワーク通信社)
~~~~~
 切込みを一か所入れて折り上げる作品です。出来上がると割と簡単な作品ですが、途中で頭を抱えてしまう箇所がありました・・・。

火鉢

2017.10.10 Tue
火鉢

作者:伝承作品
出典:布施知子著『小箱につめる12か月 秋冬』(筑摩書房)
~~~~~
 途中まで伝承の“折り鶴”の折り方と同じです。

二色鶴

2017.10.08 Sun
二色鶴

作者:田中具子
出典:日本折紙協会『鶴のおりがみ』

飛脚鶴

2017.10.05 Thu
飛脚鶴

作者:純さん
出典:―
~~~~~
 大鶴の尾の先に小鶴が載っている作品です。飛脚に見立てて折ってみました。随分前に考えた作品です。

拾餌

2017.10.03 Tue
拾餌

作者:魯縞庵義道
出典:岡村昌夫著『つなぎ折鶴の世界 ―連鶴の古典「秘伝千羽鶴折形」』
~~~~~
 大鶴と小鶴が嘴で繋がっている2羽の連鶴です。この作品も“秘伝千羽鶴折形”で紹介されている作品で、他の作品同様、狂歌が添えられています。この作品の狂歌は、「餌を拾ふやうに恋路の粟畑人が来るやら引板の音する」です。

百面相ボール

2017.10.01 Sun
百面相ボール

作者:青柳祥子
出典:日本折紙協会『月刊おりがみ No.463』
使用折り紙:15×15cmの正方形の折り紙6枚(3色の折り紙をそれぞれ2枚ずつ)

真宝 香箱

2017.09.28 Thu
真宝香箱

作者:中村榮志
出典:中村榮志著『暮らしを彩る和の折り紙』(東京書店)

香箱

2017.09.26 Tue
香箱

作者:伝承作品
出典:―
~~~~~
 前回紹介した“香箱”と同様、“角香箱”の角の部分を折り込んだ作品ですが、折り込み方が違います。
NEXT